競馬NEWS

競馬NEWS記事一覧

ドゥラメンテが両脚骨折で今季絶望に

厳選名馬列伝|競馬ニュース衝撃的な皐月賞の勝利で一気に注目馬になり、ダービーでも圧倒的な1番人気応えて2冠達成していて、今後のローテーションが非常に注目されていましたが、ドゥラメンテは放牧先の牧場で両前脚のトウ骨遠位端が骨折していることがわかったようです。菊花賞へ挑戦して3冠馬を目指すこともできまし...

≫続きを読む

日本の3冠馬とアメリカの3冠の違いとは?

2015年はアメリカ競馬にとって久しぶりのビッグニュースに沸いた。それが、37年ぶりに誕生したトリプルクラウン(3冠馬)の誕生だった。アメリカンファラオがケンタッキーダービーを制した時にもこのブログでニュースとして扱ったが、正直3戦目は厳しいと思っていただけに厳選名馬列伝としても驚いている!成し遂げ...

≫続きを読む

リアルスティールがレース中の骨折が判明

厳選名馬列伝|最新競馬ニュース皐月賞2着で、ダービーでも2番人気に支持されていたリアルスティールが骨折していたことが判明した。全治は3ヶ月以上との発表なので、程度は軽いものと見られているが、期待の馬だけにじっくりと回復させる事を願いたいですね。ダービーではらしさをみせられないで4着だっただけに、これ...

≫続きを読む

ダービーで注目されるドゥラメンテ

今年の日本ダービーで1番人気確実なのは、ドゥラメンテ号です。美浦の堀厩舎の管理馬です。父はキングカメハメハで、母はアドマイヤグルーヴという超良血馬です。母の母になるお婆ちゃんは、エアグルーヴという競馬ファンなら誰もが知っているようなス晴らしい血統です。ドゥラメンテは、総額1億円で募集されたサンデーレ...

≫続きを読む

ヴィクトリアマイル3連単が2,000万馬券に※動画あり

17日に行われた古馬牝馬によるマイルのGTヴィクトリアマイルは、JRAのGT史上に残る大波乱のレースとなりました。勝ったのは、5番人気だったストレイトガールでしたが、2着には12番人気のケイアイエレガント、そして3着にシンガリ人気の18番ミナレットが残り大波乱が起こった。ミナレットは1頭だけの一人旅...

≫続きを読む

アメリカンファラオがケンタッキーダービーを制す ※動画あり

アメリカの伝統のダービーレースのケンタッキーダービーは、人気の中心だったアメリカンファラオが勝利した。これまでのレースほどの圧勝ではなかったが、危なげない安心のできる勝ち方だった。これで6戦5勝で、GTは4勝目となった。ちなみに5連勝中である。これで期待されるのが3冠への道になると思う。父のパイオニ...

≫続きを読む

ハープスターが故障 復帰は未定

今年のドバイシーマクラシックに挑戦して8着と見せ場無く終わっていたハープスターが繋靭帯を痛めていることがわかったようです。まだ詳しいケガの状況は分かっていないようですが、長期休養になると思われています。今のところ、引退するなどの情報はありませんが、復帰まで日数によっては、引退の可能性も出てくるかもし...

≫続きを読む

キズナどうした?距離だけが問題なのか?

今回の天皇賞(春)でも1番人気になったキズナだったが7着と見せ場無く沈んだ。レースの前から調教師も半信半疑の感じがあった。復帰した京都記念と2戦目の大阪杯で、直線で同じような止まりかたをしていたのが気になっていたようだ。馬の感じもマイラーのような感じになってきているのかもと発言していた。その言葉通り...

≫続きを読む

フェノーメノが天皇賞出走回避

未だ達成されていない同一GT3連覇へ挑むはずだったフェノーメノが出走に向けて調整中の調教後に脚部不安が発生してしまい出走を回避することになってしまった。昨年のジャパンカップでジェンティルドンナもこの記録に挑んだが、惜しくも達成はできなかった。3連覇は非常に難しいのは、少なくとも5歳までは現役を続けな...

≫続きを読む

クイーンエリザベスU世カップ(香港)結果 ※動画あり

香港で行われた中距離の2000mで行われたGTレースのクイーンエリザベスU世Cに挑戦していたステファノスは、2着だった。レース内容は、2着がやっとの内容だった。好位を追走する理想どおりの展開で、直線では、前が壁のような感じにも観えたが、失速している感じはなく、ほぼ完璧な内容だったと思う。それでもゴー...

≫続きを読む

凱旋門賞もドバイのレースも買える!改正競馬法が成立

この厳選名馬列伝ブログでも以前にお伝えしたことがあった海外競馬を日本でも馬券を購入できる法案が通過しました。今のところだと日本馬が過去に出走実績が高いレースを中心に20レースぐらいを指定するようです。しかし発走時間の問題などもあり、購入できるのは、インターネット投票などに限定されるようですので、興味...

≫続きを読む

M・デムーロ皐月賞制すも騎乗停止9日

19日に行われた皐月賞で、ドゥラメンテ号に騎乗して優勝したM・デムーロ騎手だったが、4コーナーで斜行して、他馬(3頭)に競走を妨害したとして9日(2開催)の騎乗停止処分が下された。4コーナーで内側から、一番外側までのとても大きな斜行で、多くの馬に影響を与えた。しかし、ドゥラメンテ号が圧巻の競馬で、メ...

≫続きを読む

新ルール適用後初の1位入線からの降着馬

18日阪神競馬場の最終レースで逃げ切りで勝利したと思われたアイムユアドリームが、新ルール後初の1位入線からの降着となった。このレースの場合は、ゴール入線直前で僅差の勝負をしている時の斜行での走行妨害のため逆転可能だったと判断しやすかったのだろう。それにしても、新ルールになり2年以上たって初の1着降着...

≫続きを読む

レッツゴードンキが勝った桜花賞は低レベル?

今年の桜花賞はレッツゴードンキが逃げ切り勝ちをしたが、例年稀に見る勝ちタイムの遅さだった。レースの半分の半マイル通過が49秒台という超スローペースでした。まるで新馬戦でも観ているかのような道中になりました。上がりの3Fは、超高速になり逃げ馬のレッツゴードンキが33.5秒と後ろからの馬はどうにもならい...

≫続きを読む

ロンジンクイーンエリザベスステークス2015の結果※動画あり

厳選名馬列伝|海外競馬ニュース日本からトーセンスターダムとトゥザワールドの2頭が挑戦しましたが、トーセンが5着でトゥザワールドは最下位に終わってしまいました。勝ったのは、クライテリオンでした。トーセンスターダムは道中は、中団あたりでおりあっているように見えました。直線を向くときには、手応えが怪しいな...

≫続きを読む

リアルインパクトは2着 ドンカスターマイル※動画あり

オーストラリアで行われたマイルGTに挑戦していた日本馬のリアルインパクト惜しくも2着となった。勝ったのは、地元の3歳馬のカーマデックだった。リアルインパクトは、道中も落ち着いて先行の4番手をキープして直線に向かいました。みんなこぞって外を回していたことを考えれば、内は馬場が悪かったんだと思います。リ...

≫続きを読む

ルメール騎手が騎乗開始

調整ルームでの違反が発覚して、デビューが1ヶ月遅れていたルメール騎手が通年免許をしようしての日本競馬界にデビューした。ルメール騎手も怪我明けの騎乗になり土曜日は勝利を挙げる事ができませんでした。日曜日もメインレースを向かえるまで0勝でしたが、メインの大阪杯でラキシスに騎乗して圧倒的な1番人気だったキ...

≫続きを読む

ムブタヒージが8馬身差の圧勝※動画あり ドバイUAEダービー2015

3歳馬によるGUレースですが、非常にレベルの高いUAEダービーはムブタヒージが圧倒的な競馬をみせて勝利しました。日本から挑戦した3頭では、ゴールデンバローズの3着が最高でした。いつもと違う競馬になったゴールデンバローズゴールデンバローズは、日本では中団からの競馬を得意としていたが、このレースでは2番...

≫続きを読む

ハープスターまたも大敗 ドバイシーマクラシック2015

日本馬で一番期待が持てるレースだと思っていたのが、このドバイシーマクラシックでしたが、結果はワンアンドオンリーが3着となりましたが、期待されていたハープスターは9頭立ての8着と大敗しました。勝ったのはフランス産馬のドルニヤという牝馬です。日本でもお馴染みのスミヨン騎手が騎乗していました。ワンアンドオ...

≫続きを読む

ドバイワールドカップ2015はプリンスビショップが制す

28日に行われた世界が注目する世界最高賞金のレースのドバイワールドカップは、プリンスビショップが制した。見せ場は作ったホッコータルマエ日本から2頭が参戦していて、出走頭数も9頭と少ないことから期待されていたホッコータルマエは先頭から約10馬身近く離された5着に終わった。出たなりに先頭に立ちマイペース...

≫続きを読む

ドバイシーマクラシックの展望※ライバル動画あり

この間にご紹介したドバイワールドカップの展望に続いて、今回は日本馬にも馴染みが深いドバイシーマクラシックの展望をお伝えしようと思います。このレースは、日本馬にとってもっともチャンスがあるレースだと思います。特にハープスターですね。この馬は不運続きの所があります。オークスでは、落鉄寸前だったり、ジャパ...

≫続きを読む

ドバイワールドカップ2015の枠順が決まる ライバル分析(動画あり)

ドバイワールドカップは、9頭と少頭数になりました。不利も少なそうで、海外より厳しいが少ない日本馬にはプラスかもしれない。そして、初ダートのエピファネイアは砂を被らないような競馬もしやすいかもしれません。ライバル馬の筆頭は、アフリカンストーリーになると思います。昨年のドバイワールドカップを勝ったアフリ...

≫続きを読む

リアルインパクトがジョージライダーS(豪)を制す

オーストラリアのローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージライダーSで、日本から挑戦してたリアルインパクトが勝利した。これで安田記念に続いて2つ目のGT勝利となった。外枠からスタートになったが、まさかの逃げる展開でレースを進めました。直線では、内から来たクライテリオンに一度は前に出られるも、そこか...

≫続きを読む

大井のトップジョッキー御神本騎手が免許試験不合格

厳選名馬列伝 競馬ニュース大井競馬所属の御神本騎手が免許試験で不合格になり、5月31日以降の騎乗ができなくなった。現在は落馬による影響で治療中とのことだが、今後どうするかは未定のようです。今のように南関東所属で騎乗をしたいのであれば、今年1年は騎乗することができない可能性もあります。その免許が取得で...

≫続きを読む

JRAが全レースVTR再生可能に

厳選名馬列伝|競馬ニュースJRAのホームページ上で、レース結果から一部のレースの動画再生が可能でしたが、3月28日から全レースが対象へ変更されることが発表されました。今まで再生が可能だったのは、特別競走と重賞競走そして12Rと新馬戦(メイクデビュー)に限られていました。そのため、未勝利戦や条件戦はレ...

≫続きを読む

ジャパンカップが世界8位のレースに1位はあのレース!

厳選名馬列伝競馬ニュースIFHA(国際競馬統括機関連盟)が、発表した世界のGTレースの格付けが発表されました。ランク付けのしかたは、過去3年間のレースレーティングの平均値で算出されます。そのため、高いレーティングを持つ馬が多く出走したレースが上位になりやすいです。1位は、インターナショナルステークス...

≫続きを読む

今年のドバイWCデーの見所

古馬にとっては、中距離路線にGTが存在しないこともあり、この時期にドバイに挑戦する馬は多い。近年は調教技術の成長と馬の管理技術の向上もあり、海外挑戦は当たり前になってきている。今年は、ドバイWCにホッコータルマエとエピファネイアが挑戦する。ホッコータルマエはダート路線の日本のチャンピオンであり、フェ...

≫続きを読む

ルメールが免許交付初日から騎乗停止で乗れず

厳選名馬列伝 競馬ニュース3月1日から通年免許で騎乗が開始できるはずだったルメール騎手でしたが、調整ルームでTwitterを使用したとして30日間の騎乗停止となりました。初日からまさかの失態で関係者に迷惑をかけることになりました。これまでの短期免許で何度も調整ルームは使用しているはずだったのに、なぜ...

≫続きを読む

人気ジョッキーの後藤浩輝騎手が自殺

厳選名馬列伝|競馬ニュースJRAの後藤浩輝騎手が、自宅で首吊り自殺をして亡くなられました。自殺との発表だがとても突然のことでビックリしている。後藤騎手は、度重なる落馬による長期離脱を経験して、そのたびに苦しいリハビリをして復活してくれていたJRAの騎手の中でもファンを喜ばせるパフォーマンスをする人気...

≫続きを読む

コパノリッキーが骨折 今季前半戦は絶望に

厳選名馬列伝 競馬ニュース先週末のフェブラリーSで連覇を達成したコパノリッキーが左前脚を骨折していることが判明しました。関係者の話だと、レース中に骨折していたんじゃないかとの話です。その脚で最後まで大きな失速もしないでよく頑張ったと思います。この骨折により、今後のローテーションは大きく変更されること...

≫続きを読む

3歳ダートのチャンピオン候補筆頭 ゴールデンバローズ

フェブラリーSが行われた東京競馬場の日曜日の2レース前に同距離で行われた3歳ダートのオープン戦でゴールデンバローズが桁違いの強さを見せた。まるで、来年のこの舞台で勝利するのは自分だと言わんばかりの圧倒的なパフォーマンスだった。ゴールデンバローズは、タピット産句の外国産馬で、新馬戦は芝のレースを使い3...

≫続きを読む

ダイヤモンドSを勝つも北村騎手が騎乗停止

厳選名馬列伝|競馬ニュース21日に行われた芝の長距離戦のダイヤモンドSで、1番人気で見事2連覇を達成したフェイムゲームでしたが、最終コーナーで馬を外に出した時に、隣の馬を外に押した影響で、その隣を走っていたリキサンステルスが躓き転倒してしまった。この騎乗で北村騎手は開催日6日なので、3月15日までの...

≫続きを読む

2005年春の天皇賞優勝スズカマンボ死去

厳選名馬列伝|競馬ニュースこの間のステイゴールドに続いて今度はこの馬が急死しました。今から10年前の2005年に天皇賞春を勝利したスズカマンボです。14歳でした。良血馬として大きな期待をされてデビューしましたが、なかなか結果が残せませんでした。4歳の春の天皇賞でいきなり大仕事を成し遂げました。大混戦...

≫続きを読む

ハズレ馬券は経費扱いになることが確定的に

厳選名馬列伝|競馬ニュース2012年に競馬をやっている人には気が気ではないニュースがあったのを皆さんはご存知でしょうか?それは、大阪市在住のある男性が個人でデータの集計などをして、ある条件の馬券を購入するソフトを開発して2007〜2009年にかけて純利益で約1億4千万円の利益を得たそうです。しかし年...

≫続きを読む

ハープスター騎乗で川田騎手が騎乗停止処分

京都記念でハープスターに騎乗していた川田騎手が直線の斜行で騎乗停止9日をくらいました。3月1日までの騎乗停止です。ハープスターに降着処分はありませんでした。レースのパトロールビデオを観たんですが、騎乗停止は仕方ないかなって感じでした。そして、これで降着にならないってどういうことだろうとも思いました。...

≫続きを読む

ドバイからの招待状が続々届く

厳選名馬列伝|ドバイ競馬ニュースドバイのレースに1次登録を済ませた馬達は数多くいるが、そのうち出走にこぎつけられる馬は数頭になる。出走したくても、ドバイからの招待状が届かないと出走は叶わない。今週になってワンアンドオンリーと昨年も挑戦したホッコータルマエにも出走の招待状がとどいた。ワンアンドオンリー...

≫続きを読む

ニューヒロイン誕生の予感 ルージュバックが快勝

昨日行われた第55回きさらぎ賞は1番人気に推された牝馬のルージュバックが快勝した。今年は注目されていた馬が、オープンや重賞の壁に阻まれることが多いように思える。新馬戦や未勝利戦を圧倒的な力の差を見せ付けても、次戦で案外な所をみせてしまっている。例年なら、何頭かズバ抜けている馬がいるのだが、今年は数戦...

≫続きを読む

名種牡馬ステイゴールドが死去

厳選名馬列伝競馬ニュースこのところ世代を代表するような活躍馬を輩出するようになっていた種牡馬のステイゴールドが急死しました。21歳でした。現役時代は、2着や3着が多く後一歩というところで大きなレースを逃していましたが、とても人気がある馬でした。そんなステイゴールドでしたが、海外では2戦2勝で勝ちっぷ...

≫続きを読む

ミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメールが合格(通年免許取得)

厳選名馬列伝競馬ニュースこのブログでも取り上げてきたデムーロとルメールの免許取得への受験の合否が発表された。2人とも無事に合格したことが発表された。とても、素晴らしいことで、私も非常に嬉しく思っている。これにより2人とも、3月から騎乗から年間を通しての騎乗が可能となる。2人とも慣れ親しんだ栗東所属の...

≫続きを読む

ドバイワールドカップデーは一次予備登録は50頭に

厳選名馬列伝海外競馬ニュース世界の競馬界でも春の大注目レースのドバイワールドカップそして、当日に行われる他のGTのドバイデューティフリーやドバイシーマクラシックなどアメリカのBC(ブリーダーズカップ)のように1日にGTを集めるまさに競馬の祭典です。昨年は、まさに日本馬の強さを見せ付ける日になった。昨...

≫続きを読む

話題のブチコが2連勝

厳選名馬列伝ニュース今日本競馬で話題になっている馬がいます。それが、ブチコです。栗東の音無厩舎に入厩しています。オーナーさんは、ディープインパクトでも有名な金子真人オーナーです。この馬の母親はシラユキヒメで、真っ白な馬体で有名なユキチャンの母親でも有名ですね。このブチコは今までの父クロフネではなく父...

≫続きを読む

ハープスターはドバイシーマクラシックへ

厳選名馬列伝|海外競馬ニュース昨年の最優秀3歳牝馬に選ばれたハープスターのドバイ挑戦レースが発表された。いくつかの選択肢の中から選ばれたのは、ドバイシーマクラシックだった。昨年ジェンティルドンナが勝利したレースだ。特に不安のあるコースでもないですし、左回りも問題なしで、あとはライバルがどの馬になるか...

≫続きを読む

M・デムーロ、C・ルメールが挑戦中JRAの通年免許2次試験終了

厳選名馬列伝|海外競馬ニュースこれまで、外国人騎手には短期免許の交付しか行ってこなかったJRAが通年制の免許を交付を可能にするシステムを導入して2年目になります。昨年はミルコ・デムーロ騎手が受験して1次試験で不合格となりました。そして今年は、ミルコがリベンジ受験していて、クリストフ・ルメール騎手も受...

≫続きを読む

中舘英二騎手が引退 これからは調教師へ

厳選名馬列伝|競馬ニュースまた一人玄人好みのジョッキーが引退してしまった。中舘騎手は現役生活31年という長いキャリアを終了させた。中舘騎手と言えば逃げが得意なイメージがある。私もなんとなく逃げと言えば中舘騎手って感じがしていた。ゲームでの印象もあるのだが、ツインターボという大逃げで大人気だった馬での...

≫続きを読む

快挙!ジャスタウェイが年間世界1位に

昨年のドバイDFのレース内容が衝撃を与えて、当時1位の評価をされていたジャスタウェイが年間でも世界1位の座に立った。これは日本競馬史上初の快挙です。そして、2位にもそのジャスタウェイをジャパンカップで4馬身以上の差で倒したエピファネイアが輝き日本馬のワンツーという偉業を成し遂げた。この大きな要因は、...

≫続きを読む

海外競馬で日本馬が出走するレースの馬券が買えるようになる?

厳選名馬列伝 競馬ニュース今までは、ただ応援することしかできなかった海外競馬が馬券の購入もできるようになる可能性が非常に高くなってきました。海外のレースに日本馬が出走する場合は、海外でのみ馬券の購入が可能でしたが、新たな競馬法改正案を提出する見通しで、日本馬が出走するという限定はありますが馬券の購入...

≫続きを読む

2014年 年度代表馬はジェンティルドンナに

厳選名馬列伝がお伝えする競馬ニュースJRA所属のジョッキーと調教師などの表彰に続き、年度代表馬など各賞が発表されました。記者投票により決められるJRA賞の各賞をお伝えします。年度代表馬 ジェンティルドンナ混戦を極めていた年度代表馬にはジェンティルドンナが選ばれた。終わってみれば大差での受賞になった。...

≫続きを読む

2014年JRA賞の発表結果

厳選名馬列伝競馬ニュース2014年の成績の結果が発表されました。調教師部門では、一番の名誉と言ってもよい最多勝利は、栗東の矢作調教師が56勝で獲得しました。最高勝率は、美浦の藤沢調教師が獲得しました。さすがは藤沢調教師って感じですね。調教師の間では、藤沢さんを超えることを「フジサン越え」なんて言った...

≫続きを読む

予想通り?有馬記念の選択馬番

厳選名馬列伝競馬ニュース初の試みになった関係者が好きな馬番を選択できる方式の抽選会は、内枠が大人気になりました。ある程度は予想していましたが、やはり後入れになる偶数番号の内枠が人気でしたね。そもそも18頭立てだと思っていた私は論外かもしれませんが、16番の大外枠が最後まで残りました。選択順番と選んだ...

≫続きを読む

有馬記念で初の試み枠順抽選

厳選名馬列伝の競馬ニュース今週は1年の競馬終わりを告げるクライマックスのグランプリレース有馬記念が行われます。今年は枠順の決定方式に厩舎関係者が好きな枠を選べる抽選会が行われます。ヤンキースの田中将大投手がプレゼンターとしてクジを引くことになりました。抽選会の流れはこのようになります。@田中投手が抽...

≫続きを読む

禁止薬物問題はサプリメントが問題?

競馬ニュースとしてお伝えした勝ち馬から禁止薬物のカフェインが検出した問題は、サプリメントの製造工程で混入された可能性が高いようです。美浦のサプリ販売の認可を受けたお店で購入したものに、このような禁止薬物が混入していたら、使ってしまった調教師さんはどうしようも無い状況です。毎回自分が購入した薬剤やサプ...

≫続きを読む

禁止薬物で新馬勝ちした馬が失格に

厳選名馬列伝競馬ニュース先週の日曜日の中山競馬場の6Rで新馬勝ちしたピンクブーケ号が尿検査でカフェインが検出されて失格処分になった。禁止薬物と聞くと、人間ではテンションを上げる薬や筋肉増強剤などを想像しますが、カフェインが禁止薬物になっているなんて初めてしりました。どの程度の効果がみられるのかなどは...

≫続きを読む