あの輝きはなんだったのか?タヤスツヨシの運命

あの輝きはなんだったのか?タヤスツヨシの運命

厳選名馬列伝がお伝えする名馬特集
今日はタヤスツヨシです。

 

 

正直名馬として扱ってよいのか微妙な所かもしれませんが、サンデーサイレンス産句で初のダービー馬ということでこの馬も含めることにしました。

 

 

父 サンデーサイレンス
母 マガロ

 

生涯成績:13戦4勝

 

主な勝ち鞍:日本ダービー

 

 

ここまで強くなるとは予想外?

 

タヤスツヨシって知っているようであまり知らないことが多い馬でした。
新馬戦で勝つことができなくて、続く2戦目も勝利することはできませんでした。

 

 

3戦目の未勝利戦でようやく勝利することができました。
距離が500m伸びたことが良かったのかもしれませんが、後続を大きく離して勝利したので、
それまでの敗因は距離が短かったのが原因だと思います。

 

 

そしてオープンにチャレンジしますが、そこにフジキセキが立ちはだかりました。
相手はムチも使わないレースだったので、子ども扱いされた屈辱的なレースでした。

 

 

その後は出世レースのエリカ賞を快勝して、当時朝日杯より質が上で、ダービー最有力候補が誕生すると言われていたラジオたんぱ杯3歳Sに出走して快勝。

 

 

一躍来年のクラシック候補になるはずでしたが、やはりフジキセキという絶対的な馬が存在したためダービー候補とは言われませんでした。

 

 

勝負の年は明暗を分ける運命に

 

 

3歳の初戦は共同通信杯を使うことになりました。
ダービーを見越しての東京競馬場のレース選択だったのだと思います。
主戦騎手の小島貞騎手が別の馬の騎乗のためいなかったので、武豊騎手に乗り代わりになり1番人気でレースを迎えましたがナリタキングオーに3馬身離されて大敗でした。

 

続く皐月賞トライアルレースの若葉Sでは不利に合い5着に敗れました。

 

 

本番の皐月賞では、3冠馬になると思われていたフジキセキが引退していて混戦状況でしたが、成績が振るわなかったタヤスツヨシは4番人気でした。

 

レースでは最後の直線で猛追するも直線が短い中山では力を発揮することができずにジェニュインの2着でした。

 

しかしレース内容がよく、ダービーが追い込み馬に向いている東京競馬場だったので、1番人気で日本ダービーに出走することになりました。

 

レースではいつも通りの後方から直線一気の競馬を見せて、
メンバー最速の上がりタイムで日本ダービーを制しました
小島騎手はミホノブルボンに続き2回目のダービー制覇でした。

 

 

夏を越して大きく成長すると思われていたタヤスツヨシでしたが、異変が起きていました。

 

秋の初戦を神戸新聞杯にして挑みましたが、全くらしさが見えない5着となりました。
心配になった陣営は、本番の菊花賞前にもう1戦叩くことにして京都新聞杯に挑みましたが、またしても1番人気を裏切る7着と大敗しました。

 

 

この頃から燃え尽き症候群なのではとささやかれ始めました。

 

本番の菊花賞は5番人気と一気に人気を落としました。
このレースには、牝馬ながら挑戦したダンスパートナーが1番人気になりました。

 

そして、牝馬のダンスパートナーにも敗れる6着とダービーを勝った時のタヤスツヨシの面影は全く見えない状況になっていました。
勝ったのは、夏に大きく成長した後の名馬マヤノトップガンでした。

 

陣営は休養を選択して放牧に出しましたが、翌年のレースを迎えることなく屈腱炎で引退する運命になってしまいました。

 

 

厳選名馬列伝が思うタヤスツヨシ

 

タヤスツヨシの印象と言えば、ダービー馬ということと秋に一気に弱くなってしまったぐらいしか印象にありません。

 

同世代に幻の3冠馬と言われたフジキセキがいた事もあり、この世代の馬達は引退した名馬と評価されてしまう可愛そうな運命の十字架を背負っていました。

 

 

タヤスツヨシは、引退後の種牡馬生活でもフジキセキに勝てませんでした。
JRAのGTを勝てる馬も輩出できませんでした。

 

そして2008年に放牧中の複雑骨折で安楽死処分になってしまう悲しい運命を辿りました。
ダービーの時の強さをもう一度見たかった馬です。

関連ページ

日本に希望を与えたヴィクトワールピサ ドバイワールドカップ制覇!
震災で傷ついた日本を勇気付ける勝利をしたヴィクトワールピサ
復活した2歳チャンピオン ドリームジャーニー
あのオルフェーヴルの全兄 ドリームジャーニー
もう一つの最強世代 一気に頂点に立ったマンハッタンカフェ
近代競馬の申し子 運命の泉が好きだった馬マンハッタンカフェ
テイエムオペラオー 世界の賞金王無敵の強さ
テイエムオペラオーは4歳時に無敵の強さをほこった
エルコンドルパサー 世界一にもっとも近づいた馬
怪物相手に唯一戦えた馬 エルコンドルパサー
芦毛伝説再び!逃げ馬セイウンスカイ
最強世代の2冠馬セイウンスカイ|運命の泉
天才武豊をダービージョッキーにした名馬 スペシャルウィーク
スペシャルウィーク 武豊がダービー初勝利を飾った記念すべき馬
怪物外国産馬誕生 グラスワンダー
最強世代のグランプリホース グラスワンダー
最強の逃げ馬まさかの運命で予後不良にサイレンススズカ
悲劇的な運命サイレンススズカ
武豊が愛した馬マーベラスサンデー
遅れてきた大器マーベラスサンデー
夏場に一気に成長して一気に世代のトップへ上り詰めたマヤノトップガン
3歳の時に年度代表馬にも選ばれたマヤノトップガン
衝撃の復活劇 一気に世代トップへ サクラローレル編
3強時代の中心ホースのサクラローレル
将来が期待された藤沢厩舎期待のバブルガムフェロー
完成度が高く期待されたバブルガムフェロー
世代トップがリタイヤしてもイシノサンデーが優勝
サンデー時代到来を予感させる層の厚い年 イシノサンデー
伝説の菊花賞 ダンスインザダーク
菊花賞で初タイトルを獲得したダンスインザダーク
SS初年度産句 最初のクラシックホースのジェニュイン
サンデーらしい馬体でかっこよいジェニュイン
幻の3冠馬と呼ばれたフジキセキ
幻の三冠馬という表現はまさにこの馬のためのもの フジキセキ
兄弟対決直前に不運の引退 ビワハヤヒデ
芦毛のスターホース ビワハヤヒデ
運命の名馬 ナリタブライアン
伝説の名馬 ナリタブライアン