幻の3冠馬と呼ばれたフジキセキ

運命の馬フジキセキ 短すぎる現役生活

厳選名馬列伝で今回紹介するのは、フジキセキです。
クラシックを直前に引退を余儀なくされる運命をたどった伝説の名馬。

 

 

父 サンデーサイレンス
母 ミルレーサー

 

生涯成績:4戦4勝

 

主な勝ち鞍:朝日杯3歳S(現朝日杯フューチュリティーS)

 

 

これから楽しみな時にまさかの引退

 

 

フジキセキは、サンデーサイレンスの初年度産句で、とてつもないインパクトをみせて、サンデー旋風の追い風をおこした馬でもあると思います。

 

 

デビュー戦は新潟の1,200mで出遅れながら後続に1秒以上離して勝利するインパクト抜群の競馬をみせました。

 

 

続くもみじSは、後のダービー馬のタヤスツヨシを子供扱いで寄せ付けず連勝で本番の朝日杯へ進みました。

 

 

本番では、翌年にケンタッキーダービー挑戦のプランもあったほどの期待馬のスキーキャプテンとの勝負になりました。

 

 

フジキセキは、レースでは先行する馬で、楽な手応えで直線を迎えて、後続の馬が来るのを待っていて突き放すのがいつものパターンでした。

 

 

朝日杯でもいつもどおりのレースプランを展開して、直線まで楽な競馬でしたが、今回のライバル馬のスキーキャプテンの猛追に合い、かなり迫られました。

 

なんとか勝利しましたが、着差は過去最低の0.1秒でしたが、
実はジョッキーの角田騎手は一度もステッキを使っていませんでした。

 

 

あまり大きな差ではないのに、ムチを使わなくても残せると思うほどだったのだと思います。
本気で追えば、もう少し離して楽勝だったかもしれません。
そのあたりの事を考えても、フジキセキには、まだまだ底を見せていない魅力もありました。

 

 

3冠馬誕生を期待させる馬

 

順調に年を越して、弥生賞から皐月賞そしてダービーという王道のローテーションが用意されていたフジキセキ。

 

そして、その全てレースを勝利すると誰も思っていた馬がフジキセキです。

 

 

3歳初戦(旧表示4歳)で予定通り弥生賞からスタートしました。

 

圧倒的1番人気で挑んだレース。
いつも通り前目で競馬を進めると中山の急坂の直前で、ホッカイルソーに捕まり危ない場面を見せるが、そこから追い出されると一気の加速をみせる。

 

 

ゴールの時には、0.4秒差をつけて勝利していた。
昨年までの強さにさらに磨きがかかったかのようなレースで、クラシック初戦の皐月賞は、この馬が勝利するのは間違いないと思ったほどのレース内容だった。

 

 

レースから数週たってまさかのニュースが競馬界に流れた。
フジキセキが屈腱炎を発症してしまった。

 

 

これからが非常に楽しみな時だっただけに、ファンは落胆した。
よく幻の3冠馬と呼ばれる馬は多かったが、その中でも1番可能性が高かったのがこの馬ではなかったかと思う。

 

 

まさに悲運な運命に襲われてしまったフジキセキ。
復帰までに1年以上かかると診断され、引退する事になってしまった。

 

 

厳選名馬列伝が語るフジキセキという馬

 

私の競馬人生の中でも、とてつもない印象に残る馬の1頭なのは間違いありません。
派手な印象が強いディープインパクトとは違いますが、あのまま成長したら日本歴代最強になっていてもおかしくなかったのでは?と思ってしまうほど好きな馬でした。

 

 

サンデーサイレンスの初年度産句には、強い馬達がいましたがその中でもピカイチだったことを考えれば、その強さは疑いようがないと思います。

 

 

種牡馬になってからは、父のサンデーサイレンスの最盛期でもあり、良い繁殖牝馬はサンデーを配合したため、思った以上の結果は残せませんでしたが、ダートで頂点を極めたカネヒキリやオーストラリアでの繁殖で生まれた南アフリカの調教馬のサンクラシークはドバイシーマクラシックを勝利するなど、それなりのGT馬を誕生させました。

 

 

そして今年の3歳戦で一番の強さを見せいてるイスラボニータも輩出しましたが、残念ながらすでに種牡馬生活は終えています。
イスラボニータがフジキセキの血を受け継いで、ブルードメアサイヤーでも名前が挙がるように頑張ってもらいたいです。

関連ページ

日本に希望を与えたヴィクトワールピサ ドバイワールドカップ制覇!
震災で傷ついた日本を勇気付ける勝利をしたヴィクトワールピサ
復活した2歳チャンピオン ドリームジャーニー
あのオルフェーヴルの全兄 ドリームジャーニー
もう一つの最強世代 一気に頂点に立ったマンハッタンカフェ
近代競馬の申し子 運命の泉が好きだった馬マンハッタンカフェ
テイエムオペラオー 世界の賞金王無敵の強さ
テイエムオペラオーは4歳時に無敵の強さをほこった
エルコンドルパサー 世界一にもっとも近づいた馬
怪物相手に唯一戦えた馬 エルコンドルパサー
芦毛伝説再び!逃げ馬セイウンスカイ
最強世代の2冠馬セイウンスカイ|運命の泉
天才武豊をダービージョッキーにした名馬 スペシャルウィーク
スペシャルウィーク 武豊がダービー初勝利を飾った記念すべき馬
怪物外国産馬誕生 グラスワンダー
最強世代のグランプリホース グラスワンダー
最強の逃げ馬まさかの運命で予後不良にサイレンススズカ
悲劇的な運命サイレンススズカ
武豊が愛した馬マーベラスサンデー
遅れてきた大器マーベラスサンデー
夏場に一気に成長して一気に世代のトップへ上り詰めたマヤノトップガン
3歳の時に年度代表馬にも選ばれたマヤノトップガン
衝撃の復活劇 一気に世代トップへ サクラローレル編
3強時代の中心ホースのサクラローレル
将来が期待された藤沢厩舎期待のバブルガムフェロー
完成度が高く期待されたバブルガムフェロー
世代トップがリタイヤしてもイシノサンデーが優勝
サンデー時代到来を予感させる層の厚い年 イシノサンデー
伝説の菊花賞 ダンスインザダーク
菊花賞で初タイトルを獲得したダンスインザダーク
あの輝きはなんだったのか?タヤスツヨシの運命
ダービー後に全くらしさが無くなったタヤスツヨシ
SS初年度産句 最初のクラシックホースのジェニュイン
サンデーらしい馬体でかっこよいジェニュイン
兄弟対決直前に不運の引退 ビワハヤヒデ
芦毛のスターホース ビワハヤヒデ
運命の名馬 ナリタブライアン
伝説の名馬 ナリタブライアン